リスク01 病気・ケガのリスク

年代や生活環境によって取り巻くリスクは異なりますが、年代問わず病気やケガのリスクは身近に存在します。ご自身の状況に照らし合わせたリスクについて考えることが大切です。

このリスクの事例

case1アクティブな生活での急なアクシデントに備える。

アクティブな生活を送る20代などでは自動車の運転やレジャーなどで急なアクシデントに見舞われる可能性もありますので、身の回りのリスクについて確認する必要があります。

case2医療費や収入が途絶えるリスクは年齢を問いません。

急なアクシデントで収入が減少することなどへの対策や、年代を問わず病気と無縁ではありませんので、ご自分が治療に専念できるだけの保障やご家族がいる場合は抱える責任に応じた手厚い保障(補償)が必要となります。

case3早めの計画的な準備が大切。

お子さまが成長するのに伴い、様々な病気やケガのリスクも増えます。また妊娠中は加入できない保険があるので計画的に保障(補償)の準備をしましょう。

このリスクに関連する保険
団体傷害保険
医療保険・ガン保険
レジャーの保険
  • 次のリスクへ